2017/02/21ユネスコ世界遺産委員会を訪問し、糺の森などの保全へ要請

去る、2月12日から16日の日程で、住民代表団(中島晃弁護士他4人)の一員としてフランス・パリへと赴き、13日にはユネスコ世界遺産センターを訪問しました。
二条城の緑地、下鴨神社・糺の森などの世界遺産「古都京都の文化財」が重大な危機に直面している--私たち住民は、ユネスコ世界遺産センターのアジア太平洋部門の責任者に限られた時間ですが、一生懸命に訴えました。
京都市が「イコモス理解」なるものを捏造した問題、バッファゾーンへの重大な変更にdついて報告せずに開発している問題、政府の内部でも「国内法」による保護が実行できていないことが問題になっていること、実際に無届の開発がコアゾーンでも行われている恐れがあることなどを告発し、京都の世界遺産を保護するために勧告を発してほしいと訴えました。
ユネスコ側からは、冒頭に、私たちが提出した資料や署名をうけて、日本政府に調査と報告を求め…

…続きを読む

※↑旧ホームページへは、このバナーをクリックしてください。