2020/01/06暮らしに希望がもてる政治を開く京都市長選挙に

19日から始まる京都市長選挙(2月2日投票)の対決点は鮮明になってきました。
対決点①→市民の暮らし応援策がもっと鮮明なのは誰?福山和人さんは京都市予算8千億円の1%未満・70億円できる「暮らし応援すぐやるパッケージ」を打ち出しました。京都新聞紙上討論では財源問題で現職市長もたじたじ。
対決点②→公共事業どうする?限りある財源の下で、福山さんは防災・自然エネルギー導入・保育・福祉施設など生活密着型を提案。一方、現職市長はリニア誘致・北陸新幹線京都延伸、元京都党市議はリニア誘致・東大路等の地下を走る環状線など旧態依然の大型事業。このお二人のプランは市街地の地下40m以上の深さにトンネルを掘るため、何千億円もの莫大な借金や安全性・地下水・残土投棄などの心配があり、結局行きつく先は福祉の切り捨てです。
対決点③→京都の良さを守るか壊すか。現職市長も元京都党の方も、下鴨神社・南…

…続きを読む

※↑旧ホームページへは、このバナーをクリックしてください。