活動日誌・お知らせ

京都市が交渉途中で、美術館前のモニュメント撤去工事強行狙う

なんのためのモニュメント撤去なのか・・・

必要性がまともに説明されないまま、工事が強行されようとしています。

本日、突如として撤去するとの通告がなされました。

20170808 美術館

(情報提供はこの問題を熱心にとりあげてくれている井坂市議)

そもそもレストラン建設計画がなくなったはずであれば、

このように工事を急ぐ必要もありません。

京都市側は7メートルのすり鉢状のくぼみをもうけてそこに設置すると言いますが、

結局「検討」どまりで、法的に可能なのか、

他の方法の方が合理的ではないかという指摘については、

まともな検討がありません。

このような工事の強行は認められません。

美術作品をどう守るのか、公開コンペでもされてはどうかと思うほどですが、

どうやって守るかという視点ではなく、

どう撤去するかばかりに意識がまわっている京都市の態度には全く納得いきません。

命名権等の京都市美術館の財産の売却を勝手にする京都市ですが、

このモニュメントの一件も同根の問題をかかえており、

京都市の文化行政は本当に深刻な重症です。

(更新日:2017年08月08日)

とがし豊活動報告 2017年8月1日付 発行

とがし豊活動報告 2017年8月1日号

7月22日に行われた党創立95周年記念左京集会の模様/歴史的景観の保全のための具体的施策(素案)説明会/北泉橋いらない!住民訴訟第二回公判のご案内/雑記帳「言い訳」長男の成長とひっかけ稲田防衛大臣辞任問題を斬る/

とがし豊活動報告 2017年3月15日号 北泉橋拡幅・架橋(高野川)は中止を~地元住民が裁判闘争にたちあがる!/下鴨神社マンション・倉庫建設問題、署名が国際機関を動かす/3・11震災6年、バイバイ原発デモに参加/短信:朝、子どもたちを起こすのは本当に大変・・・

とがし豊活動報告2017年2月11日号 京都市が京都市美術館ネーミングライツ売約契約を発表~このままでは京都市美術館が「京セラ」のものに/北泉通拡幅・架橋問題、新たな局面に/2月25日にユネスコ世界遺産委員会訪問結果住民報告会を開催予定/2月24日日本共産党京都二区演説会開催のご案内/短信:明日ねカラのお弁当箱がいるの?・・・

(更新日:2017年08月03日)