活動日誌・お知らせ

市長総括質疑に立つ~エネルギー政策、ごみ減量、無駄な焼却炉展望台の建設中止を~

今日は市長総括二日目。市長・副市長と環境問題を中心に京都市政の課題を議論しました。

【私の質問のポイント】

①原発ゼロを前提に地球温暖化対策をブレずに推進を。②再生可能エネルギーの普及のため、固定価格買取制度堅持を国に求めつつ、制度の対象外である太陽熱利用・木質ペレット活用など「熱利用」のさらなる推進を。③ごみ減量・分別・資源化のさらなる協力をお願いするため、ごみ袋代の値下げを。④紙・プラスチックなど分別推進のために全庁あげて住民に周知徹底を、小金属の回収を月一回から横浜などのように毎週回収に、かん・びん・ペットボトルの混合収集から少なくとも瓶を別に回収するなど。⑤生産者が商品廃棄にまで責任をおうことでごみの発生そのものを防ぐ拡大生産者責任を徹底してこそ真のごみ減量のが図れるのであり、これまで以上に国へ働きかけを。⑥南部クリーンセンター建て替えにあたって、焼却炉の煙突(80m)に4億円の展望台を設置する計画は無駄遣いであり中止を。

いずれも、塚本副市長が答弁にたちました。①②についてはいずれも前向きな返事でしたが、④についてはさらに踏み込んだ対応を求めました。③については値下げでごみ減量した都市がないとして拒否されました。これに対しては、確かに値下げ後ごみ減量に成功していない事例がある一方で、実際にごみ袋を半額にしながら市民的な取り組みを広げる中で13.8%ゴミを減らした岡山県総社市の事例、一度リバウンドしながらも値下げ以前の水準以下をキープしごみ減量に成功している八千代市の事例を紹介し、そうした成功事例の検討を要請しました。また、⑤についてはちょっとよわい反応で意外でしたが、これはぜひがんばってもらいたいと訴えたら、一応市長もうなずいておられた。⑥については最後の最後まで撤回せず、極めて残念でした。

昨日は4人、今日も私を含め4人の共産党議員が質疑に立ちましたが、いよいよ週明けから常任委員会が行われたのち、各党での議案への態度を検討する議員会や、最終本会議に市議会からどういう意見書・決議などをあげていくか会派間の非公式協議が始まります。

(更新日:2014年10月17日)

大山崎町議選に立候補をされた辻まりこ候補を応援 2014.10.14

大山崎町の町長・町議会議員選挙が始まりました!初日から辻まりこ町議候補の応援に行きました。二歳と四歳

辻まりこ大山崎候補と握手をする私(とがし豊)

の子育て中、介護の現場から挑戦されます。

町長には堀内こうきちさん、町議には辻まりこさんはじめ4人の共産党候補をよろしくお願いします。

(更新日:2014年10月15日)

京都市-自治権獲得から116年、式典に出席

共演する京都市交響楽団の皆さんと未生流笹岡家元の笹岡隆甫

1898年9月30日市制特例廃止、10月12日に「市民」の手による市長の選任を経て、市役所の開庁が実現した日が1898年10月15日。この日を祝い、毎年開催されているセレモニー「自治記念式典」に出席しました。本日表彰された皆さんおめでとうございます!オープニングは、京都市交響楽団の皆さんの演奏にあわせて、未生流笹岡家元の笹岡隆甫さんが素晴らしい生け花の実演。そのあとは市役所に戻って、明日から始まる市長総括質疑の準備作業を行いました。
さて、本日は確かに「京都市」が京都府知事直轄から独立した意味では自治権獲得の大切な記念日でありますが、「住民自治」が本当の意味で実現したのは、日本国憲法が制定されて以降にことになると思います。本当の意味で147万人が参加する住民自治にもとづく市政実現へ、われわれ議員の責任は重大であると強く感じました。そう考えると、どうも忠君愛国を歌い上げる君が代が国歌としてふさわしいかどうか・・・その点についても考えさせられました。

(更新日:2014年10月15日)

台風一過・・・眠い目をこすりながら朝宣伝で一日をスタート

2014年10月14日 天王町交差点にて定例の朝宣伝

昨夜は、台風接近にともない私の属する川東分団も水防待機指令がでました。市内各所で暴風被害が発生していました。事後処理のため土木事務所と連絡を取り合うなどしました。そして、毎週火曜日は、岡崎天王町にて定例の朝宣伝ということで今日もがんばりました。議員になる前から続けているので、もう何年になるでしょう。ここを通る中学生たちもどんどん卒業し、毎年ごとに雰囲気や反応が変わっていくのが面白い。ご近所の方々には朝から大音響でご迷惑をおかけしておりますが、テレビや新聞では伝えてくれない本当のことを伝える大切な手段がこの街頭演説であると考えています。引き続いてのご協力をお願いします。朝宣伝のあと、今日は市議会で追加議案が提案される本会議。現在、市会改革委員会が開かれており、委員になっていない私は、16日、17日に予定される市長総括質疑の準備作業をし、午後の議員団会議に備えます。

(更新日:2014年10月14日)

各地で運動会 2014.10.12

あああ

川東学区の運動会に来賓として出席するとがし豊市議

10月12日、台風接近の直前ということで心配でしたが無事各地で運動会が開かれました。子どもたちが通うだん王保育園の運動会が1週間延期でこの日開かれていたため、一部の運動会しか顔をだせませんでしたが、地域の特色が出ているので私はこの運動会のあいさつ回りが好きです。

(更新日:2014年10月13日)

神宮道遊歩道化および岡崎公園再整備めぐり現地説明をうける 2014.10.11

さる10月11日、神宮道遊歩道化および岡崎公園の再整備の具体的な中身について、京都市の方より、現地にて説明を受けました。みつなが敦彦府会議員、岡崎公園と疎水を考え会などの皆さんもご一緒にお聞きしました。本当にたくさんの方が日ごろから楽しんでいる場所だけに、丁寧な意見聴取がかかせません。また、この間、私は、もっとも観光客の集中する春秋の混雑時の交通影響調査を求めています。多くの皆さんのご意見をお待ちしております。

(更新日:2014年10月13日)

満月まつり

基地建設反対の思いをこめて開かれた「満月まつり」に参加。満月まつり

(更新日:2014年10月13日)

左京区府市政報告演説会 2014.10.10


さる10月10日、左京区高野中学校体育館において開かれた府市政報告演説会に約600人の皆さんにご参加いただきました。ご参加いただいたみなさんに、改めてお礼申し上げます。私は今回の演説会にむけて、2期8年を振り返り、あらためて、共産党の議員だからこそできたことがたくさんあったと実感をしました。①自民党など原発再稼働容認勢力と正面から対峙し、原発ゼロ提案と当面の徹底した原子力防災計画を要求、②高速道路・溶融炉など市長・オール与党(自民・公明・民主・京都)の進める無駄遣いを撤回に追い込み、福祉のための財源の展望を開く、③住民が主人公を貫き、ぶれることなく福祉充実をかかげる、など。自民党・公明党による党利党略の左京府会定数1減の暴挙を許さず、そして、同じく定数1減となった左京区・市会においても現有3議席を必ず確保し、住民要求実現を力を尽くせるように頑張りたいと決意を一層固くしました。

(更新日:2014年10月13日)

旧・左京区役所駐車場跡地売却問題で住民説明会 2014.10.9

10月9日、吉田・区役所移転問題を考える会、文化施設を求める会、区役所移転問題を考える新洞・錦林の会の3団体の呼びかけで、駐車場跡地問題の説明会が開催されました。京都市からは、左京区役所、行財政局、保健福祉局の担当課が出席し、参加者からの質疑に答えていました。区役所や地元自治連にすら知らせずに、保健福祉局と行財政局との間で2年前から売却の動きが進んでいたことなどに対し、住民の皆さんからはとりわけ怒りの声と疑問が次々と出され、再度説明会が開かれることが確認され、散会となりました。現在の市政に「住民が主役」という視点が欠如している点について、徹底的に是正しなければいけないとの思いを一層強くしました。

(更新日:2014年10月11日)

京都市美術館の本館は全面保存、最短での重要文化財指定目指す

10月1日から続いた局別質疑は、今日9日で最終日を迎えます。文化市民局質疑の中では、美術館再整備、岩倉出張所問題、市税事務所統合問題、区防災会議の強化ということで、多岐にわたる質疑を行いました。美術館の北西側の建物の除却を終えた土地をめぐては、埋蔵文化財調査の後に、再整備が行われるまでの間、パラソフィア国際現代芸術祭の会場の一部として暫定利用するとのことでした。また、美術館本館については、構想で示された通り「全面的な保存」が行われる前提での再整備となることを確認しました。なお、京都市美術館について、最適最短の手法で重要文化財指定を目指すとの答弁は得られましたが、京都市指定文化財へまず登録することについては即答を避けました。

(更新日:2014年10月09日)

Page 22 of 24« First...102021222324