活動日誌・お知らせ

民主府政の会三錦連絡会がスーパー前宣伝

民主府政の会三錦連絡会の皆さんと街頭にたつ。1月9日の様子

1月9日。買い物客でにぎわうフレスコ白川店前で、三錦連絡会の皆さんが主催する街頭宣伝に私も参加させていただきました。新潟や沖縄県の知事のように知事の権限で国と対等に渡り合うようなそんな京都府知事を実現しようと訴えさせていただきました。現職知事が立候補を辞退する中で、新人対決となる今度の京都府知事選挙が面白くなってきました。

(更新日:2018年01月12日)

京都市消防出初式に参加

2018年1月7日 京都市消防出初式で行進する小型動力ポンプ隊

2018年1月7日10時から開催された京都市消防出初式。私は消防団小型動力ポンプ隊として行進・放水訓練に参加しました。写真は二条通を行進する様子です。

私の属する川東分団が、今年6月の京都市総合査閲に左京区の代表として受閲(出場)するので、パレードに参加する役がまわってきました。沿道を埋めつくす市民の皆さんの激励の中を歩くのは本当に身の引き締まる思いがしました。

無火災を学区で継続するとともに、6月の京都市消防団総合査閲においてもよい結果がだせるように頑張りたいと思います。

そして、こうした消防団活動を非常に丁寧にサポートしていただいているのが、消防署(出張所)の職員の皆さんです。この場を借りて感謝申し上げます。

そして、この防火体制削減を続ける京都市長に対して、正面からその撤回をせまる日本共産党の府議団・市議団を強化することの大切さも日々痛感しています。国は軍事の拡大には熱心ですが、災害救助活動の現場でもっとも強化すべきは地域の消防力であるという原則を忘れてはいけないと思います。

(更新日:2018年01月11日)

新年にあたってのご挨拶

光永敦彦、樋口英明、加藤あい、とがし豊の新年写真

左から森下地区委員長、樋口市議、加藤市議、私・とがし豊、光永府議

新しい年を迎えました。

昨年は、戦争法廃止・改憲ストップを求める「安倍9条改憲NO!左京市民アクション」等の取り組みや、下鴨神社・糺の森を開発による破壊から守る運動、北泉橋に反対する運動、左京南部支所設置を求める取り組み、京都市美術館の名前を取り戻す活動、等様々な住民運動に全力でかかわってきた一年でした。

総選挙では、そうした全国各地の大小さまざまな「共同」が、立憲3野党の議席を38議席から69議席へと押し上げる力になったであろうことを実感しています。

さらにこの流れを前に進めるためには、、結党以来95年にわたり反戦平和を貫き、企業団体献金も受け取らない日本共産党そのものも前進させなければ、と決意を新たにしています。

今春の京都府知事選挙、来春の地方選挙での皆様の一層のご支援を心からお願い申し上げます。(党後援会ニュース2018年1月1日号掲載)

(更新日:2018年01月01日)

雑記帳・サンタクロースは誰?

段ボールでクリスマスツリー

段ボールでつくった手作りクリスマスツリー

サンタさんに何をもらうのか?

子どもたちには待ち遠しいクリスマスが近づく。

小2の長女の指示のもと、次女・長男・私でせっせと段ボールのツリーづくり。

「今年のプレゼントはこれにかかっているんやで」「サンタさんは気づいてくれるかな」

実は今、錦林小学校の二年生の間では「サンタはお母さんだ」という噂が流れてます。堂々とその噂を否定した母の一言を聞いて安心した長女は、サンタさんへのアンケートを実施することにしました。第一問「あなたは子どもですか、おとなですか」、第二問「あなたの普段の仕事は何ですか。①仕事をしていない、②老人の世話、③ろうどう、④その他、第三問・・・。

②は明らかに介護職の母親を意識している感じです。

今年のサンタクロースは知事選や地方選に向け忙しいに違いないが、アンケートにどうこたえるのだろう。万国のサンタよ、団結して、ともに世界平和を。

(更新日:2017年12月05日)

とがし豊活動報告 2017年12月3日号 発行

とがし豊活動報告 2017年12月3日号

バスも通らぬ不要不急・北泉橋はいらない!/動かぬ「証拠」つきつけ違法な架橋中止を迫る/「民泊」規制強化をー党市議団が提案/雑記帳・サンタは誰?/11月23日「糺の森の今とこれから~ユネスコ世界遺産委員会最新報告/12月2日哲学の道いっせい清掃/日誌

とがし豊活動報告 2017年11月21日号

憲法公布71年円山音楽堂に2400人/安倍9条改憲no!左京市民アクション結成へ/横断歩道の危険な亀裂・応急補修へ/教育無償化へ京大前で宣伝/頑張る消防団~学区防災訓練で激励をいただく~短信:筋肉芋って?

とがし豊活動報告 2017年11月5日号

総選挙でのご支援に感謝申し上げます/北泉橋住民説明会・安全対策またもやゼロ回答/雑記帳・悔しい/左京憲法ウォーク

とがし豊活動報告 2017年9月12日号

旧左京保健所跡地までも「売却」!?「住民の声を聞き判断を」日本共産党が区長に申し入れ/北朝鮮核・ミサイル問題、野党共闘など各地で訴え/ガタガタ!卵が割れる道路の舗装の改善へ/京建労左京支部・拡大まつり/頑張る消防団・錦林児童館まつりに出店

とがし豊活動報告 2017年9月1日号(左京南部)

市民と立憲野党の”共闘”で今こそ政治を変えよう/野党共闘、展望を語る、円山音楽堂に3000人/北泉橋いらない!第二回公判開かれる/日誌/吉田コミュニティサマーコンサート/雑記帳・敬老の精神

とがし豊活動報告 2017年8月23日号

京都市美術館の歴史に汚点、京都市自ら収蔵作品を切断/岡崎公園と疏水を考える会が抗議の申し入れ/世界遺産下鴨神社と糺の森問題を考える市民の会が京都市に意見書提出/頑張る消防団・今年も送り火警備/短信:姉妹弟の 3 人が仲良くご機嫌 の時、「テレビ」を披露してくれ

とがし豊活動報告 2017年8月1日号

7月22日に行われた党創立95周年記念左京集会の模様/歴史的景観の保全のための具体的施策(素案)説明会/北泉橋いらない!住民訴訟第二回公判のご案内/雑記帳「言い訳」長男の成長とひっかけ稲田防衛大臣辞任問題を斬る/

とがし豊活動報告 2017年3月15日号 北泉橋拡幅・架橋(高野川)は中止を~地元住民が裁判闘争にたちあがる!/下鴨神社マンション・倉庫建設問題、署名が国際機関を動かす/3・11震災6年、バイバイ原発デモに参加/短信:朝、子どもたちを起こすのは本当に大変・・・

とがし豊活動報告2017年2月11日号 京都市が京都市美術館ネーミングライツ売約契約を発表~このままでは京都市美術館が「京セラ」のものに/北泉通拡幅・架橋問題、新たな局面に/2月25日にユネスコ世界遺産委員会訪問結果住民報告会を開催予定/2月24日日本共産党京都二区演説会開催のご案内/短信:明日ねカラのお弁当箱がいるの?・・・

(更新日:2017年12月04日)

2017総選挙⑧選挙結果報告

22日の衆議院総選挙の開票。

私は立会人として2時近くまで左京区役所にて開票を見守りました。

小選挙区、比例代表、裁判官国民審査の各投票用紙の束が、集計され、候補者・政党ごとに束となって積み上げられ得票が発表されていきます。

あらためて、選挙とは民意を示す場であり、一票の重みというものを物理的に実感する瞬間でした。

一票たりとも無駄な票はなく、すべてに一人一人の有権者の思いが込められているということを実感したのでした。

日本共産党は、市民連合と立憲民主党・社民党とともに政策合意を結び、候補者一本化に協力をし、この選挙戦を貫きました。

その点では、共闘勢力全体では議席を増やすことができ、安倍政権による憲法改悪・消費税増税・残業代ゼロ法案などの動きを食い止める上で改選前よりもな大きな国会の足場ができたことは良いことだと思います。

ただ、日本共産党そのものについては議席を減らした点は、私たちの力不足であり、自らの活動の在り方も含めあらためて総括を深めなければらないと考えております。

いよいよ新しい国会が始まりますが、憲法改正や消費税増税、残業代ゼロ法案など、国民生活に大きく影響を与える問題が山積しています。

再選した国会議員の皆さんと力をあわせ、公約実現へ一層ちからをつくしていく決意です。

(更新日:2017年10月26日)

2017総選挙⑦ カフェをお借りしての演説会 #比例は共産党

本日は、昼間はカフェジョワという哲学の道沿いのカフェをお借りして演説会。

京都第一法律事務所の奥村一彦弁護士が応援弁士に駆けつけてくださいました。

夜にはヴィダ下鴨という会場をお借りしての演説会。ジャーナリストの守田敏也さん、最低賃金引き上げに頑張るエキタス京都の橋口昌治さんが応援弁士に駆けつけてくださいました。

野党共闘を反映して、住民運動で結びついた無党派の方や、新社会党の方も参加をしてくださいました。アットホームでなかなか素晴らしい演説会になりました。

初参加の人にも、違和感なく参加いただけたのではないかと思います。閉会後「ビデオをとって於ていほしかった」との声がたくさんあがりました。

#比例は共産党

(更新日:2017年10月16日)

2017総選挙⑥ 保守×日本共産党 「保守」と「共産」が大接近 #比例は共産党

保守×日本共産党

安倍政権が「立憲主義」の建前さえもかなぐり捨てて安保法制を強行して以降、保守の立場の皆さんと日本共産党の距離が大変接近しています。一言でいえば、まともな「保守」政治に戻そうという一致点での共同が今、日本共産党が掲げる方向でもあるからだと思います。世間では「保守対革新」などと言われますが、日本共産党は伝統や現状を維持したいという「保守」的な考え方の皆さんとは一致することが多かったりするのです。黙っていたら、今までの現状さえも破壊する政治に対し、「保守」したいという皆さんと大胆に改革したいという「革新」の人々が共同してたちむかう。今の日本はまさに岐路にあるようと思えます。 #比例は共産党

東京工業大学の中島岳士さんと日本共産党の山下よしき副委員長が対談。保守と共産党が共鳴しながらの今回の選挙。保守の皆さんにぜひお読みいただきたい内容です。

■週刊金曜日ニュースより引用

中島:保守の立場から自分自身の話をすると、私は今まで共産党に投票したことはありません。けれど、自民党を選択する可能性はどんどんなくなっていて、このところは民進党をさまざまな面からサポートしてきました。この中でここ数年間、面白い現象が起きています。新聞社などがやっている、自分の考えと各政党のマニフェストとの相性診断をしてみると、どれをやっても結果は共産党になるんです。保守の論理を追求すると、内政面では共産党の政策と近くなる・・・

(気になる続きは)

↓ 週刊金曜日ニュース

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/10/14/news-7/

(更新日:2017年10月15日)

2017総選挙⑤ 大胆で夢のある提案 JCP×子育て #安心して子育てできる国に #比例は共産党

④では子育て政策の一端をご紹介したのだが、その続き。

17兆円規模の当面の財源を活用した、福祉の充実の大事な柱となる子育てしやすい国づくり。現実的かつ夢のある・・・そして、よくよく考えると、世界有数の経済力のある国なのに暮らしはどうしてここまで三流なのか・・・、共産党の提案はある意味あたりまえのことを成し遂げようとしているにすぎないと思うのです。

そのことをどうわかりやすく伝えたらいいのか、悩みもって④の記事は書いたのですが、そのあと日本共産党中央委員会のホームページも一層進化して、皆さんに知らせたいと思っていた通りの素敵のページが登場したのでご紹介します。http://jcp.or.jp/jcpchildcare/ #比例は共産党

(更新日:2017年10月14日)

2017総選挙④ 部活、給食費など、義務教育中の教育費負担を「無料」に! #比例は日本共産党

4日目・・・ばたばたしているうちに、HPを更新していないことにふと気づく。

私の一番上の子は、小学校2年生だが、これからどんどん増えていく教育費に頭を抱えている。

保育料の負担もたいがいきつかったけど、これからももっと頭をいためることになりそう・・・。

しかし、そんな悩みを解決する方法が「政治」であり、その中でも「選挙」が一番大事。

日本共産党は、教育の無償化をすすめます。

  • ■義務教育中の教育費負担(制服、教材、部活動、給食費など)を解消。
  • ■幼児教育・保育の無償化を、待機児童解消とともにすすめる。
  • ■高校授業料の完全無償化。
  • ■大学など高等教育の無償化をめざし、当面、国公私立の学費を半額に。給付制奨学金の抜本拡充と貸与制奨学金の無利子化に取り組む。
  • ■少人数学級の推進をはじめ教育条件を整備。教員の多忙化解消、臨時教員の待遇改善と正規化をすすめる。

と、あらゆる年代にわたって、教育にかかる負担を大幅に軽くしようと提案している。

教育費から解放されたら、なんて豊かな暮らしが待っているのだろう!

子どもを大人もハッピーだ。

財源は②でご紹介した通り。

少子化が自然現象みたいに騒ぐ安倍首相よ。

こんなにも子育てにお金がかかり、

なおかつ、世界でも最悪の労働条件のために夫婦での子育てがなかなか大変な状況が少子化を招いているということに早く気付くべきだ。

お金の心配なく子育てできる、子どもに教育をうけさせてやれる・・・そんな世の中をつくる一票は日本共産党へ。

#比例は日本共産党

(更新日:2017年10月13日)

Page 3 of 25123451020...Last »