活動日誌・お知らせ

局別質疑ハイライト④とがし「即時原発ゼロを決断せよ」、京都市「最小限の原発の稼動が必要」

とがし豊事務所にて開いた「おひなさまカフェ」の様子

【局別質疑3日目、原発問題で論戦】

本日の行財政局への局別質疑で、重大答弁が飛び出しました。

京都市はこれまで、2012年の京都市議会決議(共産党は反対)を根拠に、「できるだけ早期に原発に依存しない社会を目指す」といって電力安定供給の立場からやむなく短期的稼動を容認する姿勢を匂わせてきました。

今回、私は以下二つの事実をつきつけて、即時原発ゼロの立場に転換すべきことを京都市に提案しました。

ひとつは、経済産業省に申請された自然エネルギー導入量が原発20基分、認可では原発70基分に相当すること、

もうひとつは、1年6ヶ月原発稼動ゼロで電力安定供給が継続していること。

京都市が根拠とする2012年の京都市議会決議から時間が経過する中で、状況はますます「原発即時ゼロ」が現実的な選択肢になってきていることを強調したのです。

しかし、京都市は、この期に及んで最小限の原発の稼動が必要とする答弁しました。重大です。安定供給が実現しているにもかかわらず、危険な原発の再稼動に固執しているのです。

では、いったい何基の原発再稼動が必要と京都市として判断しているのか、と問いただしたら

「政府の責任で判断すること」と逃げたのです。

つまり、主体性もなく、再稼動が必要と判断しているのです。

こんな消極的なことでいいのか?

147万市民の命と健康、暮らしを守る京都市としてあまりにもひどいと追及し、再考を求めました。

【「地元同意権」なしの安全協定すらも求めない京都市】

2月27日に京都府と関西電力のいわゆる「安全協定」について、京都市の態度も質しました。

安全協定は30km圏に限られるべきとして、大飯原発については求めるが、高浜原発については京都並の協定すらも結ぶつもりがないと答弁しました。

まるで、原発事故は30km圏より外へ及ばないと考えているかのごとく答弁なので、「では、何のための50km圏内に安定ヨウ素剤を備蓄しているのか」と突っ込んでしまいました。被害があれば対応するとはいいましたが、「安全神話」どっぷりの答弁のオンパレードに、あきれるほかありません。

原発ゼロなど真剣に目指していない市長の姿勢が京都市職員の手足を縛っているということなのでしょう。

4月の市議選、その先の市長選挙。

原発マネーに屈せず、闘い抜かねばなりません。

(更新日:2015年03月04日)

局別質疑ハイライト③~岡崎公園樹木伐採

2月26日に地元の方が撮影、とがしが編集したものです。

岡崎公園では樹木の伐採がすでに始まっています。

そのせいか、ようやく他党議員からも岡崎公園の樹木問題についての質問がありました。

しかし、残念なことに「老木」という当局の言い分を信じるにとどまらず、

「老木」=「危険木」と思い込んで伐採をもとめる、というものでした。

もうちょっと現場の状況を見てもらいたかった。

伐採される側の木の立場にたてば、

私はまだまだきれいな花を咲かすことができる!

たくさんの虫や鳥たちと友達よ! 何を失礼な!!

という感じでしょう。

我が党からは、同じ左京区選出の加藤あい議員からも現在進行中の樹木伐採について質疑。

今回の伐採対象の中には、公園内最大級を誇る18mの高さ、3mの幹周を誇る巨木・クスノキや、幹周2.7mの大木・センダンがあり、大木の保存がなんとかならないか。二条通沿いの桜4本は存置することができないか。などの住民側のぎりぎりの要望をつたえる質疑。

岡崎再開発のあり方、進め方自体に大きな問題があり、今回の事態にも結びついています。

続きは、総合企画局の局別質疑へ。

(更新日:2015年03月03日)

局別質疑ハイライト②~美術館南側の疏水沿い両岸の桜並木の絶景を守って

今日は、京都市議会予算委員会の局別質疑2日目。

私からは、

①美術館再整備にあたり、国重要文化財指定を目指すためにまずは京都市指定文化財に指定を。

②美術館再整備は必要だけど、本当に100億円もの巨額の整備必要?国立近代美術館と連携でうまいことできないか。

③閉館期間はせいぜい6ヶ月程度にとどめる工夫を。

④美術館南側の桜並木の絶景はつぶさないで。

⑤新京都会館の維持費はだいたい旧京都会館時代の倍に。ほかにそのしわ寄せがあってはならないし、文化施設の維持管理と設備更新にしっかり取り組むように。文化会館などの削減、売却などの文化事業の後退とならないように。

⑥区役所機能を縮小し不便にしたうえ、防災力までの大幅に後退させる市税事務所集約化は撤回を。

⑦岩倉出張所の廃止は許せない。出張所など行政拠点は市民により身近に、福祉の手続きやまちづくりの相談などにも取り組めるように機能強化を。

など、質問をさせていただきました。

(更新日:2015年03月03日)

局別質疑ハイライト①「ゴミ袋」値下げを迫る

局別質疑一日目。

第一分科会では、環境行政をひろく所管する環境政策局に対する質疑が行なわれ、朝10時から18時20分までびっちりと審議しました。

私は、原発ゼロの立場にたち、温暖化対策を大幅に強化を!飯田市「おひさまゼロ円システム」を京都市でも実現し、初期投資ゼロ円で太陽光発電普及を。生物多様性プランをしっかり推進し、岡崎公園の樹木大量伐採のようなことを繰り返さないように・・・など質疑。

特に、ゴミ袋の値下げについては、京都市担当者と論争。

京都市は、ゴミ袋値下げした八千代市、総社市、下関市はごみが減っていないと強弁。私からは私自身がネット上でごみが減ったというデータを紹介していることを突きつけて、改めてゴミ袋代の値下げを強く求めました。

京都市がゴミ袋販売で一年間にもうけるお金は、今年度予算で11億5410万円。あまりにお金が余っているので京都市が手をつけようとしているのが、南部クリーンセンター第二工場の煙突への2億5千万円の展望台の建設。これはムダというほかない事業。あくまでもこの事業を続けるつもりと開き直る京都市のいいわけを聞けば聞くほど情けない。当初4億円かけてつくるとしていた京都市がここにきて2億5千万円にディスカウントしてきた。値段の問題じゃないのに・・・こんなことにつき合わされ、答弁させれている京都市職員の皆さんが本当にかわいそうです。そして、何より、市民の暮らしが大変であるという認識をもっていたらこんな無駄なお金の使い方を思いつくはずがありません。

(更新日:2015年03月02日)

本会議代表質問二日目~他党質疑を聞いての感想

本会議代表質問の二日目は、
民主党、公明党、京都党。

民主党某議員が、梅小路公園のオリックスの「水族館」建設にあたって、オリックスの社長と当時の市長と15年前から相談していたと自慢していた。

こうやって、勝手に公園の行く末を「密室協議」で進めるやり方・・・

京都会館なんかもこんな手法だったんだろうなと改めて、密室政治が住民の市政参加を妨げる要因であることを学んだ。

根絶!密室協議!

ひどいと思ったのは、三条と四条大橋の間のフランス橋建設をとめたのは自分の功績であるかのように自慢したくだり。

フランス橋建設をストップするために闘った市民団体や商店主さんらからすると、耳を疑う話。

保守・革新の枠組みを越えた幅広い市民運動と日本共産党の共同の力におされて、市長周辺も予算執行停止という非常手段を選ばざるを得ないところまで追い込まれていたということを裏付ける話と考えると納得がいく。

さて、驚いたのは、高浜原発再稼動手続き中止を求める意見書に反対をしていた民主党議員が突如、再稼動中止を市長に求めたこと。

原発再稼動反対をもとめる運動が確実に、原発推進勢力を追い詰めていることを実証する出来事だった。

京都党の質疑は財政難をなげく、とにかく、嘆き続けるというもので、具体的な提案は宮中行事をぜひ京都で・・・ということだけだった。

さて、そんな質疑をメモにとりながら、月曜からの質疑の組み立てを考えていた。

その後、環境政策局の各担当者に対して、おおまかな質疑内容を通告。

通告しない場合もあるが、短い質疑時間で効率的にやり取りするには、ある程度の事前のやり取りが欠かせない。

さて、今からいくつかの集まりに顔を出さねば。

(更新日:2015年02月27日)

自共対決最前線~自民4議員vs共産3議員が登壇(京都市議会代表質問)

今日は、京都市議会の代表質問1日目。

議会第一党の自民党の4議員と議会第二党の日本共産党の3議員が登壇し、市長・理事者に質疑を行いました。

まさに、自共対決の最前線

面白かったのは、自民党が今回の国民健康保険料の値下げを歓迎する討論を行ったこと。

これまで、さんざん国民健康保険料の値下げをもとめる請願を否決においやる主導的役割を果たしてきた自民党のこの変わりよう。

政治は面白い。

では、なぜ、国民健康保険料の値下げが実現したのか。

一番大きな要因は、市民の皆さんと日本共産党が粘り強く、高すぎる国民健康保険料の実態を告発しつづけ、京都市当局の内部においても、何か対応しなければと検討せざるを得ない状況をつくってきたことが大変大きい。

国が、市町村国保を都道府県で一本化を目的として、各市町村が国民健康保険料を低くおさえるために行っている「一般会計繰り入れ」を減らすための予算が下ろしてきたのをうけ、このお金の一部を、京都市は値下げに使うという決断をしたのです。

市民の運動と日本共産党の追求があったからこそ、こうした決断をせざるを得なくなったのは明らか。

この直後の討論で、日本共産党はこの値下げを大いに歓迎するとともに、さらなる値下げをもとめる堂々たる討論を行いました。

市民の運動と日本共産党の共同こそが、暮らしをよくする力!

もっともっと、署名をあつめるぞ!もっともっと運動をひげるぞ!というこの実感を、今夜の「集い」にぜひ持ち込みたいと思います。

※2012年2月市会、日本共産党は 「国民健康保険料引き下げを求める請願」を議会の意思として「採択」を主張。これに対し、自民・民主・公明・京都・無所属は多数により「不採択」に。

(更新日:2015年02月26日)

岡崎公園樹木大量伐採問題で、京都市が一部樹木の伐採を撤回

「岡崎公園と疏水を考える会」「まちづくり市民連絡会」が岡崎公園の樹木伐採の見直しを求めていた問題で、京都市は当初118本を伐採する計画を95本伐採とし、23本については伐採方針を撤回する「見直し」方針を20日までに明らかにしました。

 <当初計画>

 松を新たに24本植えるために、 197本ある樹木のうち6割に相当する118本を伐採する

 <見直し後>

 松を新たに24本植えるために樹木伐採する方針は変えず、 アラカシ2本、サクラ8本、枝垂桜3本、モミジ2本、その他8本、 合計で23本の樹木は生き延びることができたということになります。

 しかし、 依然として、松を24本植えるという前提が維持されるがために、アラカシ(所謂、どんぐりがなる木)42本、 桜10本、モミジ13本含む95本もの樹木は伐採対象のままです。

——

 樹木の大量伐採を回避すべく、わたくし自身も繰り返し委員会質疑でとりあげてきましたが、12月16日のいわゆる「神宮道の一部廃止条例」をめぐる質疑(まちづくり委員会、西野委員)の中で、京都市から一定の樹木にすいては「しっかり残す」との答弁を得ていました。これらの答弁すら反映されない計画になっていることが2月初めに明らかとなり、住民団体の皆さんとともに建設局みどり政策推進室に計画見直しを求めてきました。

 はやければ本日から伐採開始とされており、非常に緊迫した状況です。

(更新日:2015年02月23日)

岡崎公園の樹木大量伐採はストップを~岡崎公園と疏水を考える会が緊急アクション

岡崎公園と疎水を考える会の皆さんと一緒に

「岡崎公園と疎水を考える会」が緊急に呼びかけた「大量伐採をやめて!緊急行動」には8人の市民の参加があり、私も参加しました。

 畳大のボードに大きく木を描き、その上に次々とメッセージを書いた葉っぱを貼り付けることを道行く市民・観光客に呼びかけました。

休暇をゆっくり楽しんでいるという若い女性、樹木にカメラを向けておられた男性、たまたま通りがかった学生グループ犬の散歩中の女性、観光客など、通りがかるほとんどの人が足をとめて協力してくださいました。本当にありがとうございます。

ある学生は「ぜひ、友達にも知らせたい」と応じ、チラシをうけとった方が知り合いを呼びとめて協力を呼びかけるなど、わずか一時間の間にも協力の輪が どんどんと広がっていきました。

ご協力いただける方は、ぜひ、メールや電話などいただければ幸いです。

(更新日:2015年02月16日)

岡崎公園再整備の原案が検討された昨年、市民から出された市に提出された意見

岡崎公園再整備の対象エリア(とがし豊作成)

【京都市が2014年2月に実施した市民意見募集で寄せられた「市民意見」より、緑地に関する部分を抽出】
〇公園内の成長した樹木の伐採には反対です。大きな木々が成育している。その枝の間から東山の稜線が見え隠れする・・・とてもステキだと思います。きちんと整いすぎた箱庭的な松を中心とした風景なんて、のんびりと過ごしたい公園には似合わないと思います。夏の暑さには大樹の陰、京都市内で大空に向かったのびやかな枝を広げた希少な樹木、もっと大切に考えてください。
〇戦後、間もなく岡崎に住み、この地をこよなく愛しています。思い起こせば、再整備計画の地は、当時は進駐軍の建物が建ちならび、親からは、近寄ってはいけない場所として、子ども心に恐ろしい気持ちになったことが思い出されます。それから徐々に多くの整備がなされ、公園には、イヌマキ、ケヤキ、クスノキ、カツラ、アキニレ、エノキ、センダン、マテバシイなどたくさんの木樹が植えられ、桜のみの他と比べて、ちょうど良い大人の公園となりました。ただ手入れが十分ではなく、人も木も命あるものは大切に育てなければという思いで見ておりました。幹周3m位の大木が50本近くあり、鳥や虫や草花もその下で命をはぐくでおります。公園として成熟期を迎えているのです。貴重な財産を生かす工夫をもってほかにない岡崎の公園整備を心より願っています。土のぬくもり、葉っぱを踏む温かい感触を子供たちに伝える公園、土の中の呼吸を、未来に教える公園であってほしい。半世紀以上かけて、都心に築かれた京都の先人の心意気を忘れない、そう思っています。
〇道路域の一部に植栽帯を設けるなどして緑空間を確保し、公園地域に取り込みますがよいと思います。
〇東山はどこからも見えないとだめなのか。大きな樹木は剪定で縮められます。植樹は落葉樹中心の植樹を専門家に聞くべきです。三山のなら枯れ、植樹に関心を持って協力していますが、三山のガイドラインも参考になります。
(つづく)
※参考
 都市公園の役割(国土交通省HP)より

(更新日:2015年02月12日)

緊急!岡崎公園で大量の樹木伐採の危機

申し入れ書を手渡す中嶋弁護士。

京都市が岡崎公園(京都会館東側~グラウンドにかけて)の再整備工事にあたり、大量の樹木を伐採する計画が明らかになりました。

現存する桜は30本、うち7本を移植、17本を伐採し、残るのは6本。

現存するしだれ桜は7本中2本伐採し、残るのは5本。

現存するもみじは20本、16本を伐採し、残るのは4本。

グラウンド付近も含め、ほぼすべてのドングリの木が伐採される計画になっています。

京都市はこの再整備の前提となる「神宮道一部廃止条例」の審議の際に「すべて伐採するわけではなく、公園部分の桜、もみじ、広葉樹、イチョウ、ドングリがなる木などしっかり残す」と答弁していました。今回の計画は、市議会で約束を守ったものとは到底考えられません。

1月20日に工事業者により、植栽工事を行うとの通知がされて今回の計画が明るみになりました。京都市は京都マラソンが終わるのをまって、2月17日から伐採工事を行う計画としており、緊迫した状況となっております。そのため、「京都・まちづくり市民会議」「岡崎公園と疎水を考える会」は本日10日に、京都市建設局みどり政策推進室を通して市長に対し「岡崎公園内の樹木伐採に関する緊急の要望書」を提出。引き続き働きかけを強めるとしています。私も全面的に協力して、大切な樹木を守るために力を尽くします。

(更新日:2015年02月10日)

Page 32 of 39« First...10203031323334...Last »